fc2ブログ
おとなになってもおとなってなんだかわからない
選択を強いられる場面に遭遇するのは
それは自分の可能性を広げられたからであって
決して選ばなかったほうの答えを「あきらめた」と
そう表現しない人になりたい、とは思う。

ということで。
趣味と仕事を天秤にかけた話。

▼二次創作の活動をおやすみを発表したときのログ(一部改変)

平たく言うと、私の中で仕事の優先順位が一番でした。

元々妄想が好きで、その夢は少しずつ変化をしながらも、いまの私はかなり子どもの頃からの夢に近しい仕事をしています。
仕事にも慣れてきて、少し余裕のあるタイミングで出逢ったとあるコンテンツで
2年半ぐらい、好き勝手書かせてもらって、たくさんの人とお話ができて、嬉しかったです。
みんなみんな優しくて、褒めてもらえたし、感想もいただけて、たくさんの声が私の創作の活力でした。
おかげさまで非公式のアンソロジー発行までさせていただき、本当に楽しく過ごせた2年半でした。

誤解のないよう明記しておくと、会社にバレたとかそういうわけではなくて…(何なら既にバレてるし隠す気がない)
仕事に差し支えなければ~という暗黙の了解のもと、社会人としてはまあ当たり前ですが、仕事は問題なくやっていたほうだと思います。
年がら年中忙しいのもまあ…今更というか…しんどいなあと思うこともありますけど、やる気とか仕事が好きな気持ちが上回っていたので平気でした。(そしてよく気持ちに身体がついてこなくて倒れるわけですが…まあそのあたりも直接的な理由ではないので割愛)

これは二次云々と一切関係のないところで、年末にふと、新しい年を迎えるにあたってどうしたいか、どうなりたいかと考えて…
そろそろ仕事において、ステップアップをしたいな、と思っています。
私事なので詳細は省きますが、この1年でそれなりに大きなことを任せてもらえて、求められていた内容以上の成果を出した自負があります。私一人では当然成し遂げられなかったんですが、一緒に頑張ってくれたチームメンバーに「引っ張ってくれたあなたのおかげです」と言われてしまうと、お世辞だったとしてもやっぱり嬉しくて、すごく自信にもなりました。
このあたりから仕事へのモチベーションとか比重が大きくなっていったのかなあと。

私はあまり器用なほうではなくて、ひとつのことにいっぱいいっぱいになるとそれ以外のことを考えられなくなってしまうので、近頃のツイートは仕事頑張ってますアピールも多くて反省もするのですが…このとおり、ますます仕事を頑張りたいと思っているタイミングだったので、ズルズルと優しい声に甘えて依存して、書く書く詐欺をしている場合ではないかなと思いました。

もうひとつ。
自信はついたと軽く書きましたが、そんなの周りを見渡したら、全然ちっぽけなもので、このくらいの成果で喜んでいても仕方がないと感じています。
世の中にもし天才という人がいるのならば、私は明らかに凡人で、要領も悪いし才能があるとも未だに思えないし、なんかよくわかんないけど愛嬌だけでここまで生きてきましたみたいな人なので、夢を見続けるために、少しでも理想に近づくためには、今までのスピードじゃ駄目だとヒシヒシと焦りを感じながら…
なおさら、いまが頑張りどきだって思っています。
ちょっと、今まで以上に集中しようかなって。

この2年半で学んだこともいっぱいあって、長編を自分で書き終えた達成感とか、スケジュール管理とか、人とのコミュニケーションとか、うまくいかないことももちろんあったけれど、それも込みでよい学びで気付きでした。

いつかまたお会いできるときがあるように、そのときはすでにある版権キャラクターの人気に依存した作品ではないことを祈っています。
頑張ります!!!
【2018/01/24 09:24 】
未分類 | コメント(0)
<<ダウト~嘘つきオトコ編 感想 | ホーム | スタライ10/28夜感想 >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |