FC2ブログ
瀬名くんだらけのログ
@ついった

(某コンテンツのアイドルくん)
★演技の下に隠された本音を暴きたくて…(俺のこと、好きだよね)曖昧なまま触れた彼女は頬を赤く染めながらも真っ直ぐ見つめてくるから(…あ、やばい)落とされた、と気付く。薄く引かれた紅を啄ばんで、息を止めんばかりに驚いたキミの顔を覗いた。今はもう、それが演技でもかまわない。

(サノシノ)
★「私を盾にしてでも生き残る、その判断ができるのが『隊長』でしょう?」「見くびるな。お前もついでに守れるくらいの余裕はある」みたいな上司部下が好きです。
★「黙って守られるのは嫌です」「だからお前は阿呆だって言われるんだ。俺の背中、預けていいんだろ」みたいな台詞で部下の前に立つような隊長が好きです。
★好きで好きでたまらなくて、近づきすぎると心臓壊れちゃいそうで、いつだって自分から「好き」とは言えても、彼に返事を言わせない24歳と、自分の人生投げ打ってまで守った笑顔に今日も牽制され、いつまでも「好きだ」と言えずに一方的な告白を受け続ける29歳が好きだよ…

(オリジナル)
★息を継ぐのが苦手なのかなーーと、彼女を見ているとそう思う。(今さら立ち止まれない…って感じ?)キミは毎日、見えない対岸へと手足をばたつかせている。迂闊に休んでいいよと言えば、彼女は溺れて、沈んでいく気がして…息苦しいともがく姿に、今日も、何も言えずにいる。
★でも私、本当は泳ぎたくないし、目指しているのは対岸でもなくて、頭上に広がる澄んだ青色の中、溶け込むように空を飛びたいの。…なんて言ったら、彼はまた困るのだろうか。貴方が溺れていく私を助けようとしてくれる存在だと知っているから、私は無茶ができるのだけど。
★「キスってお互いの二酸化炭素の押し付け合いだから息苦しくなるんだと」「下手な言い訳探してるヒマがあったら、こっちに集中して。早く慣れてくんない?」
☆みたいなカップル好きなんですけどね。女の子はツンが好きなんですけどね!私は瀬名くんに潰されたいです!!!

(ここから、瀬名くんのターン)
★「そばにいたいです」って瀬名くんに言ったら絶対第一声は「ホントうざい」
「そうやって俺に言わせようとするところがめんどくさい」
「俺のこと好きなんでしょ。一生ついてくる気はあるのないの」「あります、そのくらい好きです」「じゃあ、勝手にすれば。あんたなら許してやってもいいよ」
★たぶん両想いっぽくなっても瀬名くんは好きだとか愛してるとか言ってくれなくてヒロインちゃんが焦れて、「キスしたいです」とか言えばいいと思ってるし、それに対して瀬名くんは「したいならすれば」ぐらいのテンションで、ヒロインちゃんが瀬名くんの膝の上乗って顔を寄せるんだけど、キスはあくまで行為であって、ヒロインちゃんが本当に欲しいのは「好きって思わせたい。愛されたい…っ」って感情ぐちゃぐちゃになって泣いちゃったところで瀬名くんが頭引き寄せてキスすればいいと思っています。
★驚いて困惑して涙引っ込んだヒロインちゃんに「(俺の行動に一喜一憂する)そういうとこは気に入ってる(それだけ俺のこと好きなんでしょ)」
また感極まって泣き出しちゃうヒロインちゃんに「あんたの泣き顔ひどいね。見てらんない」って涙ぬぐってあげたり頰にキスする瀬名くんください。
★「信じた俺が馬鹿みたい」って瀬名くんに怒られるシーン欲しいね!
★あとあれ、ヒロインちゃんが力になりたくて空回ったら呆れられると思っていて「邪魔なんだけど」ってストレートに言ってほしいし「頼んでない。必要ない」とかグサグサ言われたくて、何故なら「これは俺の仕事」って超プライド高いところとセットにしたら瀬名くんかっこいいし「必要になったら頼る」的なことを瀬名くんに言ってほしくて、ヒロインが信用できないって反応を恐らくするから、すごい罰が悪そうに「あんたに邪魔されるくらいなら、少しは(自分一人で頑張る性格を)変えるほうがマシ」って言ってほしい。瀬名くんはヒロインに直接デレてくれなくても外野から見て、あの子本当に丸くなったね…wヒロインちゃんのおかげで。みたいなの理想です
★そこまでしてどうしてヒロインをそばにおいておくの?って話の展開に必ずなるから、そのときはむしろ開きなおるくらいの勢いで「俺のそばにいるなら知ってるでしょ。不必要ならとっくに見切ってる。要らないと思ったらハッキリ言う」
★そう言わないってことは少なからず必要に思ってるんだけどあんたそんなこともいちいち説明しないとわからないくらい馬鹿なの?って言われたい…
☆私、瀬名くんは本当に最後までデレないでいいと思ってるんで好きとか言わないでくださいお願いします。

【2015/06/01 06:56 】
迷子 | コメント(0)
<<ほぼログ | ホーム | 新人ちゃんと、卒業と>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |