スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【 --/--/-- --:-- 】

    | スポンサー広告 |
    ソルトとシフォン妄想まとめ
    ソルトとシフォンが大好きですっていう
    ただそれだけのついーとまとめ。

    ★シフォンは生まれながらにして、勇者に従い、その旅を助ける者としての責務をおっていて、いざとなれば身を呈して守るよう教えられてるのだけど、
    ★ソルトは勇者で、世界を救うという神託を受けた人なんだけど、それまでは普通に生活しててね、素直な少年なの。
    ★だから、はじめ、シフォンはソルトに対してすごくがっかりしちゃって、でもお役目だからって、「勇者さま」「勇者さま」って、自分がソルトを変えてやるんだーってくらい思ってて
    ★ソルトは無知な子だから、シフォンの話を疑うことなく受け取って、「そっか、俺が世界を救うんだ!」と思うんだけど、「で、世界を救うってどういうこと?」って首傾げて、
    ★シフォンも上手に説明ができないんだけど、二人で話し合った結果、この世界に暮らす全ての人、物を守ることって定義するのね。
    ★シフォンは、ソルトに対してあまり期待もしてなくて、私が頑張らないと。私が守らないと。それがお役目だからって思ってて、敵が出てきたときも自然とソルトをかばって戦っちゃう。
    ★だけど、ソルトがシフォンの前に出て、ひょいって敵倒しちゃって、シフォンは(この人はどうして、私の言うこと聞いてくれないんだろう…!)って思うんだけど、ソルト「俺は勇者だから。シフォンのことも、俺が守るよ」ってにっこり笑う気がしていて。
    ★シフォンは初めてそんなこと言われて超戸惑いながら、「でも、私も、勇者さまをお守りするよう言いつかっておりますし…」と反論したら、ソルトが笑顔で「じゃあ、こうしよう」って簡単に背中をあずければいいと思うのです。
    ★とにもかくにも、ソルトのやることが予想外過ぎて困惑し続けるシフォンがいて。ソルトに「シフォンがやりたいことって、なに?」とか「お役目って、大切?」とか「もっと自分を大事にしてほしい」とか「シフォンのこと、大好きだ」とか、言われる度にドキドキして。
    ★隣に立って、まっすぐ目線を合わせて、「シフォンはどう思う? 聞かせて」と、言ってくれる勇者に恋をするわけですよ。
    ★だから、気づけばお役目とか、そんなこと関係なく、この人のそばにいたい。と思っていて、自分の意志でソルトのことを「勇者さま」って呼ぶの。シフォンはソルトを呼ぶたびに、私はあなたを信じます。大好きです。と言ってるの。
    ★ソルトに対する恋情と、勇者さまに対する思慕とがあるからこそ、シフォンは最期までソルトの楯であり続けるのだと思っていて、一番危険なポジションだって進んで引き受ける。
    ★世界と自分とを天秤にかける勇者なんて、そんなのソルトじゃなくて、世界を守ろうとしたら、必ず私も助けてくれる。そう信じてるから、シフォンはいつだって、後回しなの。信頼のかたちなの。
    ★そして、信じているからこそ、ソルトのために戦い続けることができると思う。シフォンはそんな子。
    ★しかしソルトはバカなので、ソルトが勇者たりうるのは、シフォンがソルトを「勇者さま」と呼ぶからで、ただそれだけで本当は良くて、シフォンが守ってくれるからどこまでも前に進めるけれど、最後には必ずシフォンのところに戻ってくる。
    ★ソルトとシフォンは、そんな関係であればいいと思ってる。長々と失礼しました。
    【 2013/04/14 20:31 】

    | 迷子[村八分、塩。] | コメント(0) |
    <<四ノ宮那月と七海春歌で頬をふにふにする | ホーム | 四ノ宮さんに殺されかけた>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。