スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【 --/--/-- --:-- 】

    | スポンサー広告 |
    ょぅι゛ょ
     まんまるな瞳が、じーっ。そんな音が聞こえそうな程、わたしを見つめる。
     その双眸は澄んだ青色で、とてもキレイ。
     何度も写真で見たことのある、お人形さんさながらの姿。
     話に聞いていた通り、とっても愛らしいです。
     爛々とした表情で見つめたいのは、こちらの方なのに。
     居たたまれなくなって、わたしはついに、手に持ったぬいぐるみで顔を隠した。
    「どーしたの?」
     少女の声がする。
    「ねぇ、ハルカ!」
    「わ、わたしは春歌じゃありません!」
    「ちがうの?」
    「ハイ! わたしは、ウサギのピョン子です!」
     ぬいぐるみの手をぴこぴこと動かせば、少女が息を飲むのがわかる。
    「ぴょんこ? はじめまして、あたしはエミリー」
     レースで飾られたスカートを摘まんで、エミリーちゃんは優雅にお辞儀をする。
     そして、満面の笑みを浮かべた。
    「ぴょんこ! あたしはハルカに会いたいの」
    「…どうして?」
    「だって、ナツキのプリンセスだもの」
     両手を広げて、ぴょこんと背伸びをしてみせる。
     少女は笑って、わたし達二人の様子を見守っていた彼へと振り返った。
    「ナツキの言った通り、キュートなプリンセスね」
     その言葉に、ぬいぐるみの後ろに隠れたわたしの顔はますます赤くなって。
    「もう我慢しなくていいですか?」
    「え、えっと…きゃっ」
     那月くんに抱きかかえられて、体が宙を浮く。
    「~っ、まだ返事をしてないです!」
    「ごめんね、待てませんでした!
     でも僕、すっご~く我慢しましたよ?」
     ドキドキし過ぎて、もう、どうしたらいいのか…。
     那月くんにぎゅっとしがみついて火照った顔を隠せば、握りしめていたウサギをそっと取り上げられた。
    「いらっしゃい、エミリー。これは僕達からのプレゼントですよぉ」
    那月くんが膝を折って、小さなお姫様と目線の高さを揃える。
     差し出されたぬいぐるみを受け取った少女は、屈託のない笑みを浮かべた。
    「ありがと! ナツキ! ハルカ!」
    【 2012/09/17 04:16 】

    | 迷子[うたプリ] | コメント(0) |
    <<春夏ちゃん | ホーム | さのしのちゃん>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。