スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【 --/--/-- --:-- 】

    | スポンサー広告 |
    せいぞんかくにんの
    ついったろぐー!
    語らせて語らせろ的な。

    ☆そういえば。昨日から年下年下言ってますけども。恋愛ゲームは私はかぷ萌え派なので、主人公との相性というか、主人公との関係性によって、一番好きなキャラが決まります。
    ☆だからね、主人公が無個性=従順(プラス要素で天然orどじっ子)の場合は ①すっごく主人公のこと大好きなのに素直になれない幼馴染系 ②第一印象からずっと、とにかくあなたが大好きですワンコ系 ③遊んでるつもりだったのにいつの間にか本気になってましたチャラい兄様系 が魅力的に見える。
    ☆俺様を落とすには、ヒロインに多少なりともツンが必要じゃないですか。他と一緒にしないでよっていう気の強さがいる訳ですよ。つまり、俺様人気の裏には、ツンデレ女子が主人公がいて、その子が攻略される様を見てうおおおおおってなるのでして。ツンデレ女子の人気を表すのではないか。という超仮説
    ☆もしくは、あれだよ、恋愛ゲームのヒロインと自分を重ね合わせちゃう方々が俺様ルートにきゃっきゃしてたら、きっと、あの御姉様方はツンデレなんだよツンツンいいね可愛いね!!!! という仮説も立ててみたよ!!!!!

    ☆不思議なこと。なんで年下キャラは子供っぽく書かれるの? 子供っぽく見せといて実は頼りがいがあるのよタイプは、すごく難しいと思うの母目線になっちゃうから!
    ☆マイナスからプラスに覆すギャップは難しいんじゃないかしら!!!
    ☆私だけが知ってる、彼の弱いところ♡ が乙女心をくすぐるんじゃありません?!!!!!!
    ☆年下なのに、全然そう見えなくて、でも本当は誰より年下であることを気にしてて、子供に見られたくなくて、ヒロインのために超頑張る年下くんは可愛いじゃないですか! ノシばんっ!!!
    ☆頑張ってたことを主人公に知られてしまって、「あー! もう、何も言わないで!!!」ってぎゅ~ってしてくる後輩男子とか超きゅんきゅんするじゃないですか頑張らなくていいのよ!!! でも頑張らせてよって口とがらせてくれるような!!! みたいな!!!!!!
    ☆だって先輩のことが好きだからー!!!!!!!
    ☆まいかさん仕事で頭使いすぎて疲れてる。

    ☆黙ってギャップ萌えについて考えてた…全然話変わるけど、私、やわらかい雰囲気の人好きで、ちょっと変わってる? とか、テンポがずれている…というキャラクターね! なぜならば、彼等は途中でとってもかっこいい一面を魅せてくれるからである!!!
    ☆ふと、真面目な表情になったり。主人公を守ろうと一生懸命になってくれたり。ね! ヤキモチやいて不機嫌になるタイプは苦手……というか、主人公がやきもちだって気づかずに落ち込むじゃないですか。あれがすっごくツライの。
    ☆やきもちやいてもいいの! 主人公が、「もしかして、やきもち?」って聞いてくれるなら! 「は? 何言ってんの?」でも「うぬぼれんな、ばーか」でも「わかってても言うな……」でも、とにかく気まずくならないじゃないですか! 個人的おススメは、「あんたの前だと調子狂う…」ですけどね!

    ★高校で、大好きな先輩に告白したら実はおたくで俺様キャラが大好きな人であなたはタイプじゃありませんって言われて以降、超頑張ってかっこよくなって俺様な感じで見返してやろうとしたらうっかりまた好きになっちゃったよ的な後輩男子ラブコメを妄想しながら涎垂らして寝てた。
    ★ゲームのキャラに負けたと思って、外見はともかく中身はそれ以上のスペックをつけようと超頑張って、わりと女性にもモテるようになって、自信を取り戻した頃に再会して。
    ★嬉しそうに顔綻ばせて名前を呼ばれて、トラウマがよみがえる的な感じで、冷たく拒絶したら、めっちゃ熱い眼差しを向けられてしまい(笑)。
    ★キツい口調であたればあたる程嬉々とされ。あんたのためにやってるんじゃないと吐き捨てたら、ツンデレキタコレと言われ、対処のしようがなくなり(笑)。
    ★しまいには、「あの時の私の言葉で、こんなに萌える子になったなんて……」とまで言われてしまい、さすがに怒る。壁際に追い詰めて、俺は二次元じゃないから、あんたを傷つけようと思えば簡単にできるんだぞ的な。
    ★でも結局手は出せないみたいな(笑)。
    挙句、彼女がどSが好きならば。と強気姿勢を演じる羽目になり、うっかりR-18なことも致したりしつつ、彼は元々優しい人なので、本当は優しくしたいのに! と葛藤してたら実に良いです(´∀`*)

    ★――本当は、知ってたの。私が寝ている時にだけ、そっと髪を撫でてくれること。その手が大きくてあたたかくて、君は昔のまま。優しい人なんだって。歪な始まり方をした、初めての、本当の恋に、私は何が正解なのかわからなくて、目蓋を閉じたまま、この時間が続けばいいと思いながら、眠りにつく。

    ☆傷つけないように傷つけないようにと、優しく言葉攻め万歳なので。私の中ではハッピーエンドで終わったので。寝る。
    【 2012/05/10 22:58 】

    | 迷子 | コメント(0) |
    <<ぎぶ | ホーム | 疲労困憊>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。