スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【 --/--/-- --:-- 】

    | スポンサー広告 |
    余裕で間に合わんwww
     シャイニング事務所における同期とは、すなわち早乙女学園の同級生であり、仲が良いのが通例である。関係者もそれを良く把握しており、彼等はグループ活動こそしていないが、バラエティの司会にペアで抜擢されたり、番組内で期間限定ユニットを組んだり、雑誌の特集ページに対談企画を立ち上げられることも多い。
     その中でも特に、5年前に卒業した八名は仲が良かった。一十木音也・一ノ瀬トキヤ・聖川真斗・神宮寺レン・四ノ宮那月・来栖翔・渋谷友千香・愛島セシル――それぞれが揺らぎない人気を築き上げ、スーパーアイドルとして、テレビで観ない日がない彼らをファンは水面下で、星(スター)組と呼んでいた。
     その星組が、チャリティーアルバムを発売、更に5大ドームツアーの開催決定という告知は、ファンクラブから瞬く間に広がり、メディアも大々的に取り上げた。DVD付の初回限定盤は情報公開のその日のうちに予約上限枚数を埋め、発売日には、通常版も含め初動売上でミリオンを突破したとのニュースでお祭り状態となる。
     噂によると、コンサートチケットの倍率は十倍だったとか、そうでないとか。
     四月八日。今日はツアー初日、東京ドームでの公演日である。
     幸運を手にしたファン達は、それぞれ自分が応援する出演者の色のシュシュと、ツアー限定発売の黒のシュシュを左右の腕につけ、ある女性は少しでも高いヒールをはいて、ある男性はライブ会場限定のバスタオルを首からかけ、またある人は手作りのうちわを握りしめて、この場所に参戦する。
     浮ついた空気の中で口々に囁かれるのは。

    「絶対今日! あるって! 誰よりも友人想いなレン様が外す訳ないじゃない!」
    「そうだよね! トキヤくんが把握してるはずだし……はああ、一一(いちいち)萌え……。」
    「一一もいいけど、私はAクラ担の、聖川様推しですし?」

    「ねえねえ、なっちゃんがケーキ作ってきたりして。」
    「そこは翔ちゃんが止めるでしょ~。」
    「音友期待! 音友待機!」
    「レアキャラだねえ!」
    「自負しております!」

    「某としては、友千香嬢にメイド服を。」
    「甘いぞ隊員。ここはきっと、揃いの衣装で出てくるであろう。つまり、男装である。」
    「それは浸りますなあああ!」

    「愛島君もお祝いするのかな。あのツンデレ王子が。……卒倒しそう。」
    「ちょっと、まだ始まってないんだから!」

    「音くん、泣いちゃうかな?」
    「そしたら、私も一緒に泣いちゃう~!」

    ―――楽しみだね、一十木音也のサプライズバースディー!

     *

    音くんハピバ! の前哨戦!!!



     定刻17:00には、ファンのコールが開始された。
     音也から順に、出演者の名前が呼ばれ、手拍子が打ち鳴らされる。
     照明が消え、前方ステージにスモークが炊かれた瞬間に、客席から堰を切ったような歓声が響き渡り、ドーム内を埋め尽くす。

    「みんな~! お待たせ!」
    「準備はいいですかぁ?」
    「今日はお祭りだ! 思いっきり騒ごうぜ!」
    「お前達に、幸福な時間を約束しよう。」
    「love you, my lady... 今日の俺は、一味違うよ?」
    「魅せてあげる、最高のアタシを!」
    「アナタに魔法をかけてあげます。」
    「さあ、行きますよ。」

     吐息混じりのトキヤの合図に依って、8人が声を揃えて叫ぶ。

    「Let's party!」

     破裂音が鳴り、金色のテープが宙に打ち出された。
     歓声の中流れるイントロ。
     夢の時間が今、始まる。

     *

     ソロ曲に時折、ユニットソングを混ぜて、セットリストの通り、順調にコンサートは進む。
     自身の曲を歌い終わり、歓声に一息吐いた音也は感極まって、
    「俺達のこと好き?」
    と客席に向かい投げかけた。
    「好きー!」
     黄色い歓声が即座に返ってくる。嬉しくなって、口元が緩むのを、敢えてへの字にする。
    「聞こえなーい。」
     嘘。本当は胸いっぱいに響いてる。だけど、今日はいっぱい欲張ってもいいかな。
    「俺たちのこと、好きー?」
     2度目の問いかけへ、
    「好きー!!!」
    特に赤のシュシュをつけた女子は全力を以て返した。悲鳴にも近い愛情表現に、彼は今度こそ、満面の笑みを浮かべる。
    「俺もみんなのこと、大好きっ!」
     またしても、割れんばかりの歓声が客席を埋め尽くした。
    「おい、「達」が抜けてるっての!」
    「イッキ。次は俺達の番だよ?」
    「早くステージを譲ってください。」
    【 2012/04/08 22:49 】

    | 迷子[うたプリ] | コメント(0) |
    <<もにこらふぇ | ホーム | カレーは甘口>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。