スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【 --/--/-- --:-- 】

    | スポンサー広告 |
    なっちゃん。
    なっちゃんへの想いとか考察あれこれ。

    なっちゃんは深いから、あえて答えを求めないようにしてて、
    人の考察みて、うんうん。ってなってる。
    たまーに、それは違うよ……ってもにゃっとする位で、
    私のなっちゃん像はふんにゃりしてる。

    私は、なっちゃんは知らないことが多すぎる幼子みたいな存在だと思っていて。
    見えるものを見ていないってのは確かにそうなんだけど、
    わからないことが多すぎて拾いきれないだけで、
    わかろうと努力はしてる子だと思う。

    完全に贔屓目かもしれないけども、
    他人を傷つけたり、無神経過ぎるなっちゃんには、もにゃっとしてしまう。
    翔ちゃん√のなっちゃんとか見た後に、そういうの見ると、
    違うの!!!
    って叫びたくなります、はい。

    うん。幼子って言い方がすごくぴったりくる。
    加減を知らなくておもちゃを壊してしまうような。
    一度その経験をしてしまうと、壊してしまうのが怖くて触れられないような。
    傷ついて成長していくのに、目隠しして、
    天才という線引きで、教えてもらえなくて。

    なっちゃんにとって、自分を表現するものが音楽だったのに、
    その音楽をわかってくれる人がいないって、すごい孤独。
    言葉や文化の違いも確かにあるけど……。
    目指す音楽が見えなくなったのは、
    コミュニケーションの相手がみつからなかったってことなのかな。
    応えが返ってこない一人語りは辛くて。

    感情をのせるはずの音楽なのに、
    譜面通りにしか弾けなくなってしまったら、苦しいよね。
    音楽としては正しいかたちかもしれないけど、
    なっちゃんは自分の言葉を失ってしまったってことだよね。

    那春さん小説書いてて、
    AAをプレイして、
    なんとなく、だけど
    わいるどななっちゃんは、
    なっちゃんが知らなかった感情に出会ったときに現れるのかなって思ってる。
    さっちゃんが受け持ってきた感情を
    なっちゃんが引き出そうとしたときに
    残っているデータはさっちゃんの記憶で
    だから、口調がさっちゃんになってしまう。
    AAみたいに急激に、でなくてもいい。
    さっちゃんが持っていた感情を
    なっちゃんが、なっちゃんの言葉で言えることができれば
    なっちゃんはまたひとつ成長するんじゃないかな。と
    私は思っています。
    大丈夫、横にはハルちゃんがいる。

    傷つくことから逃げないでほしい。
    さっちゃんは、なっちゃんを傷つけるものすべてを引き受けたけれど
    ハルちゃんは、傷ついたなっちゃんに
    大丈夫ですって笑うことしかできない。
    でも、それが大事だと思う。
    戸惑うたびに、音楽を奏でればいい。
    なっちゃんにとってのコミュニケーションツールを
    ハルちゃんは否定しない。ぎゅっと抱きしめてくれる。
    理解者がいることが彼の勇気になればいい。
    ハルちゃんを可愛いと言う、そのたびに
    なっちゃんは、強くなろうとするんだきっと。

    ゆっくりでいいよ。
    戸惑ったり、泣いたりしていい。
    泣き方も怒り方も、めちゃくちゃでいい。
    そこには、ハルちゃんがいてくれる。
    見守ってくれる。

    そして、仲間と一緒に、
    きらっきらに輝くなっちゃんを
    私はファンとして待ち望んでいようと思います。
    あなたの歌と、笑顔が大好きだよ。
    【 2012/01/18 17:29 】

    | お気に入り | コメント(0) |
    <<気づけば14→15→17時 | ホーム | こんれぽ>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。