スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【 --/--/-- --:-- 】

    | スポンサー広告 |
    クリスマスイブなので‐HAYA春‐
    もうイブ過ぎたよね。
    のっと一ノ瀬トキヤなハヤト君。


    「春歌ちゃんは、
     一ノ瀬ハヤトと、HAYATO様、どっちの方が好き?」
    口にした後で、興味本意で聞くべきではなかったことに気づく。
    優しくて、ひどく真面目な彼女は
    悲しげな表情で押し黙ってしまった。
    「にゃにゃ?!
     ごめん! ごめんなさい!
     ねえ、今のナシ!
     だから……そんな顔しないでください……。」
    最後は懇願に近かった。

    HAYATO様の笑顔が大好きです、と
    頬を赤らめて、一生懸命に告げる彼女に恋をした。
    始めは、ただ声をかけるだけで
    茹でタコさんみたいに真っ赤になって
    視線を逃がしてしまう春歌ちゃんだったけど
    アイドルの僕の褒める時は絶対に目を逸らさなくて
    きらきら、その瞳に吸い込まれそうだなって。
    みんなのアイドルが、たった一人に心を奪われちゃった。
    カメラを向けられたら、いつだって笑顔でいなければならない。
    でも、天真爛漫と称される僕にだって、笑えない時はある。
    そんなときに、心に浮かんだのは君の笑顔だったんだよ。
    いつだって、僕の心に水をくれる天使の微笑みを
    僕が奪ってどうするんだよ! ばか! ばか!
    「そう、ですね、」
    頭を下げて、謝罪と反省を示す僕に、
    春歌ちゃんの言葉が降ってくる。
    「HAYATO様は、こんな風に
     私を困らせたりしませんよね。」
    「ごめんなさい~…。」
    「……ふふっ。」
    どうして、笑われたんだろう?
    おずおずと顔をあげれば、悪戯に春歌ちゃんが微笑むのが見えた。
    「私が独り占め、ですね。」
    【 2011/12/25 19:04 】

    | 企画 | コメント(0) |
    <<クリスマスイブなので - 那春その2 - | ホーム | クリスマスイブなので‐那春‐>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。