スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【 --/--/-- --:-- 】

    | スポンサー広告 |
    続・さっちゃんと一緒2
    さて、どうしたものか。
    俺の判断基準は、那月が喜ぶかどうか。であらねばならない。
    那月はきっとこの勉強会を楽しみにしていた。
    だから、俺が那月の役目を奪うことになるのではないか。と、思う。
    俺は影で、影として、那月から何かを奪うなんて、あってはならないことだ。
    「砂月?」
    無邪気に笑いかけるこいつは、本当に馬鹿で、
    どれだけ蔑ろにしても、俺に笑顔を向けてくる。
    友達を傷つけられたら、那月は悲しむだろうか。
    友達が俺を呼ぶことで、那月が傷ついているかもしれない。
    答えの出ない苛立ちに舌打ちをするのと、
    「音也、那月は捕まえたー?」
    渋谷友千香が、ひょっこり角から現れたのはほぼ同時だった。
    「ああ、友千香!
     今の那月は、那月じゃなくて砂月の方だから、
     間違えたら駄目だよ。」
    「言葉だけ聞いてたらよくわからない台詞よね。」
    彼女は一十木に笑ってみせる。
    整った顔立ちに、凛と力のある声。
    さすがアイドル志望といったところか。
    ただ、それは生まれ持った才能だけではなく、
    彼女の惜しみない努力の結果。
    トモちゃんは本当にすごいですね。と那月が言えば
    まぁね。と否定することなく受け入れていたのが記憶に残っている。
    「気を悪くしたならごめんね、砂月。」
    謝る渋谷から目を逸らし
    「お前、名前のことじゃないって言ったろ?」
    俺は半ば八つ当たり気味に、一十木に言うが、
    「お前じゃなくて、音也。
     いい加減名前で呼んで欲しいなあ、砂月。」
    俺は名前で呼んで欲しいから、
    砂月も名前で呼ぶよ。とでも言いたいのだろうか。
    俺のこの葛藤は伝わらない。
    「まだこんなところにいたのか。
     四ノ宮は説得できたのか?」
    次に現れたのは、聖川真斗。
    ちっ、ぞろぞろと集まってきやがって!
    「ああ、マサ!
     今の那月は、那月じゃなくて砂月の方だから、
     間違えたら駄目……って、あれ?」
    「どっちも四ノ宮だから、問題はないわね。」
    「なんの話だ?」
    「砂月をちゃんと砂月って呼ぼうって話。」
    「一十木、説得はどこにいったんだ。」
    「でも、名前ってすげー大事じゃん?!」
    「マサやんはどうしてここに?」
    「図書館は人が多く、人数分席を確保できなかったから、
     食堂に移動したことを伝えようと思ってな。」
    このメンバーの中で一番冷静な判断をするこの男は、
    率直にものを言う。
    那月を傷つけるのではないかと警戒していたが、
    情に厚く、そしてどこか抜けていることもあり
    那月とも良い交友関係を築いている。
    真斗くんはかっこいいです。これは那月の口癖だ。
    芯の強さに、どこかで憧れを抱いているのだろう。

    三人で話しているのをぼんやり眺めながら
    まだ俺は迷っていた。
    すると、
    「四ノ宮が来ないなら、仕方がない。」
    「えー…砂月来ないと困るんだけどなぁ。」
    「しかし、七海をあまり一人にしておく訳にもいかないだろう。」
    聖川がそう言って、ちらとこちらを見た。
    「春歌を一人で置いてきたの?!
     それはちょっと心配ね。変なのに言い寄られてないとイイケド。」
    意図を汲んだ渋谷もまた、俺を見る。
    「確かに、それは急がないと!
     行こう! 七海が待ってる!」
    わかっているのか、いないのか、
    一十木が俺の腕を取った。

    那月のためになること。
    七海春歌の笑顔を、自分を傷つけた彼女をまだ、彼は愛しているから。
    ぽやっとしていて、ドジなアイツを一人にしておくのは
    きっと、許さないだろう。
    「わかったから、離せ。」
    一十木の手を払い除けながら、ため息をつく。
    目の前の、那月の友人達は
    それぞれ嬉しそうな表情を浮かべた。
    だから、
    こいつらが、俺は大っ嫌いだ。

     ***

    続く。
    【 2011/11/02 03:47 】

    | 迷子[うたプリ] | コメント(0) |
    <<続・さっちゃんと一緒3 | ホーム | 続・さっちゃんと一緒1>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。