スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【 --/--/-- --:-- 】

    | スポンサー広告 |
    ジェミニシンドローム
    日曜日は起きたら16時で激しく動揺し
    昨日は珍しく平日バイト休みだったので
    クラスの女の子飲みに参加してきました!
    ソファとクッションの、オシャレで可愛らしいお店で
    それだけで気分上昇!
    食事がイタリアンで
    ベーコンさんが駄目な私はしょんぼりしましたが
    女の子ときゃっきゃすると、自分の中の女の子成分が
    活性化される気がしますー。

    私好みの小説を書く方々と
    ついったでお話できるのが嬉しくて
    あらぶった結果が、前記事のさっちゃん妄想になります。
    Aクラスを書くのは本当に楽しいです。

    が。

    以下、なっちゃんとさっちゃん考察。
    なっちゃんが大好きです。
    本当に、優しすぎるぐらい優しい人。




    ネタバレあるので注意です。







    さっちゃんは
    「俺と入れ替わることで精神的に負担をかけている」
    って言っていたけど、
    なっちゃんはきっと、さっちゃんのことが大好きだから
    さっちゃんが自分のことを「所詮那月の影だ」と言うのが
    悲しくて、辛くて、
    自分がいない間、Aクラスの人と楽しそうに過ごすさっちゃんを見て
    どうして、さっちゃんと自分は、二人で一人なんだろうって
    思ったんじゃないかなぁって
    そんな想像をして、泣きたくなりました。
    もちろん自分だって、ハルちゃんが、Aクラスの人達が
    好きだから。大好きだから。
    でも、同じ位さっちゃんも好きで
    気持ちがわかるから
    どうすればいいかわからなくて。

    きっと、那月くんの影という見方をしていたのはさっちゃんだけ。
    なっちゃんは、さっちゃんを一人の人間として認めてた。
    きっと、オトくんもそれに近い。

    まぁ様は、四ノ宮の人格の一部だと思ってて、
    ハルちゃんも、どちらかというと、そちらよりかな。
    那月くんを受け入れるように、砂月くんを受け入れて。

    翔ちゃんは、後者から前者に移った感じ。
    じゃなかったら、手紙なんて受け取らないと思う。

    まあ、全部妄想なんだけど。

    さっちゃんがいなくなって、
    なっちゃんが泣くのは、

    僕がもっと強かったら、さっちゃんはここにいられたのかな。
    さっちゃんは、僕の影なんかじゃなかったのに。
    それを証明できなかったことが悔しくて
    さっちゃんを幸せにできなかったことを悔いていたとしたら

    僕、強くなるよ。

    の流れがしっくりくる気がします。
    そうしてAAディスクで、さっちゃんにあこがれた理由も
    さっちゃんのふりをした、懺悔の想いも
    受け止めて、進むと決めたなっちゃんも
    そんな感情をみんな受け止めて、手を取ったハルちゃんも
    さっちゃんが大好きだったんだね。

    だから、なっちゃんは
    さっちゃんのことを忘れたりなんてしない。絶対。

    とか。
    そんなことをつらつらと考えてました。
    さっちゃんとAクラスはもっと絡ませたい、な。
    【 2011/10/19 01:29 】

    | 未分類 | コメント(0) |
    <<ぴよちゃん画伯 | ホーム | さっちゃん詰め>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。