スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【 --/--/-- --:-- 】

    | スポンサー広告 |
    くちはわざわいのもとですよ。
    なんのための日記だっけ?
    と、ふと考える。
    誰かに見られている場所に
    気持ちを列挙して、私は満足する。

    最近は創作や妄想が前に出てきていて
    開設当初の方針に向かっているような。

    いつか、読み返して
    笑うための場所。
    一日一日がこぼれていくから
    少しでも、残しておきたくて。

    ただ。
    このサービスがいつか終わってしまったら?
    と、不安に思った。
    バックアップを…とらないと…ですが…
    記事が2000越えてるんですが…(笑)

    ついったは、
    流れていくから、
    大事なものはログとしてここに書き留めておくけれど
    基本的に、しゃべる言葉に似てて
    その場で消えてしまうもので
    思い付いたそのままに
    綴るので
    ずいぶんと油断をしてました。

    ネットに言葉を乗せる時の自分ルール。
    好きという、その気持ちだけを。
    誰かを否定したり
    悪口だったり
    心のもやもやも、本当は書いちゃ駄目だし
    好き嫌いの多い私は
    はっきり嫌いを口にしてしまうけれど
    それを書いちゃ駄目だよっていう、約束ごと。

    私は、好きに理由を求めるように
    嫌いにも理由を求めるので
    しっくりきたのが嬉しくて
    つい、しゃべってしまいました。
    それは私の主観で
    私の感情の中でのみ適応されるものだけど
    それを見た人が、どんな気持ちになるのか失念してました。
    ごめんなさいです、口が過ぎました。

    ひとつの言葉で
    私の評価なんてひっくり返ってしまうので
    ずるずると後悔を引きずってしまいますが
    気をつけていきましょう。という話でした。

    起きたら15時半でした。おやすみの日の贅沢な過ごし方。

    追記は、
    那春さん見てると涙が出ます。っていう話。
    昨日も泣いてしまった^q^



     ***

    未来地図は、なっちゃんがめっちゃ笑顔で、
    こっちに手を差し出してる情景が目に浮かんで、幸せな気持ちになる。
    私にむかって唄ってくれている、そんな錯覚を起こす。
    夢みたい。

    なっちゃんの歌に恋をする理由が今わかった!
    なっちゃんの曲は「あなた『だけ』に届けたい」特別な唄。
    カメラ越しにハルちゃんを観る優しい瞳を盗み見て、
    萌えるのかそうか!

    なっちゃんの歌は、ハルちゃんに届くまでにある距離があって、
    その距離に私たちファンが入ることを許されてるのであって、
    幸せをおすそわけしてもらうし、
    自分がハルちゃんになった錯覚をするんですね
    わかりました自分だけ納得した!満足。

     ***

    2次元は、触れられないかわりに、私を傷つけないからこそ尊いんです。画面の向こうに行きたいなんて思わない。隔てて向こうの幸せ模様を、ただ眺めて、憧れて、泣くんです。どうか、壊れないで、そのままずっと、画面の中、はっぴぃえんどが続きますようにって祈る。
    きっかけが人間関係からの逃避だったとはいえ、大好きと言えるものがあることは普通に嬉しいし、そのことを考えてはしゃぐ私は嘘じゃないし、それを見て自分で安堵する。ああ、私はまだ大丈夫だ。好き過ぎて首絞められてますけど。犠牲になった睡眠。
    イヤホンから贈られる幸せの言の葉に、心が苦しくなる。大好きなこの気持ちを全部吐き出してしまえたら。胸の中をひっくり返してしまえたら。綺麗になるのかな。泣いてしまう。好きなキャラクターの歌を聴いて泣く、その事実だけを見たら、オカシな人。
    「駄目ですか?」って、その言葉が可愛くて愛しくてもどかしくて、幸せになってね。お裾分けしてね。って思って、止まない。憧れて、微笑めなくて、泣いている私は、無様だなぁと思う。布団の中で思い返して、ああ、書きたいなぁと思うし、ああ、目を逸らしてちゃ駄目だなぁって思い知らされる。
    「君を逃げ場所にする気はない。」 はっきりと、そう言えばよかったんだろうか。嘘はついていないけれど、遠回りな言葉ばかりを吐いて、君を甘やかして。それならば、弱音なんて吐かないでいられる、そんな子になってみせなさいよ。と、心に爪を立てて、痛くて、追いたてる思考から逃げる。
    同じところを、廻って、そろそろこの景色にも飽きたから。歩き疲れたなんて我儘は言わない。私が私のために、答えを用意してあげなきゃ。いつから音量をあげてたんだろう、イヤホンを外して、街の音を聴けばいい。他人の声は耳障りで、嫌いだけど、それもまぁ、苦笑いできたらいい。
    【 2011/10/16 16:39 】

    | 未分類 | コメント(0) |
    <<夕飯マダー(・д・)? | ホーム | bbbbbbbb←連打>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。