スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【 --/--/-- --:-- 】

    | スポンサー広告 |
    カテゴリ増やしました。
    那春さん。
    今回は脱線して、Aクラス×ハルちゃん妄想メモ。
    Amezing Ariaの友情ENDはみんな可愛かった。

    ★音春

    「音也くん?」
    春歌が隣に座って、
    心配そうな顔で俺を覗き込む。
    まっすぐ、純粋な瞳を向けられて
    本当に可愛くて、良い子過ぎて
    やきもちばかりの自分が嫌になる。
    「セシルさんのこと、お嫌いですか?」
    「違うよ。セシルはいい奴だし、仲良くしたいけど……。」
    でも、春歌は俺のだ。
    誰にも渡したくない。
    その笑顔を、俺以外に向けないで。
    ……なーんて、言えない。
    こんな我儘、困らせるだけだ。
    「……ごめん。」
    そして、目を逸らすしかできない。
    駄目だなあ、こんなの、彼女を困らせるだけなのに。
    彼女の好きな、明るい俺でいたいのに。
    幻滅されたらどうしよう。
    春歌は優しいから、嫌だと言えないだけだったら?
    気持ちがどんどん落下して、止まらないよ。
    「音也くん……。」
    ほら、困った声で、
    きっと、困った顔をしてる。見なくたってわかるよ。
    もう一度、ごめんと言って、笑顔で顔をあげようとした。
    それとほとんど同時に、
    頭に、彼女のぬくもりを感じる。
    髪をぎこちなく、撫でる彼女と目が合った。
    困ったような、はにかんだような、控え目な笑顔に
    泣きそうなくらい嬉しくなった。
    「よしよし。」
    「うん……もっと撫でて?」
    「はいっ!」
    えへへと春歌は笑う。
    撫でる手つきも徐々に慣れてきた。
    「音也くんに甘えられてしまいました。」
    「嫌じゃないの?」
    「そんな! とっても嬉しいです。」
    その笑顔に嘘がないってわかるから、
    「ありがとう。」
    気持ちが抑えられなくて、ぎゅっと彼女を抱きしめた。

    誰かに甘えるのって、こんなに幸せなことなんだ。

    ★真春
    「ハル? どうした、具合でも悪いのか?」
    と、俺が聞くと、ハルはその可愛い顔を左右に振って否定する。
    「あの。」
    言うか、言うまいか、迷っているようだったが、
    目が合い、俺が
    「ゆっくりでいい。待っている。」
    と言うと、ほっと安堵の笑みを浮かべ
    「今日、一十木くんに、ですね、」
    そこまで言って、顔を伏せた。
    「大好きって言われたので……。」


    …………。
    箸で掴んでいた里芋が、ぼとりと机に転がる。
    はっ?
    ハル、今、なんと?
    言葉を租借するのに、随分と時間がかかった。
    いや、受け入れるまでに時間がかかったと言うべきか。
    「一十木が……そうか……。」
    奴は俺の、そして彼女のクラスメイトであり友人だ。
    明るく正直なところが魅力ではあるが、まさか、俺の彼女と知っていて告白するとは。
    わかっている。
    恋という想いは止められないものだ。どんなに塞き止めようとしても、溢れてしまう。
    真っ赤になって俯くハルを見る。こんなに可愛くて素直で愛らしい彼女を
    抱きしめて、口づけ手、俺だけのものにしたいと感じる男が自分だけではないことなど
    当たり前ではないか。
    理解はできても、感情はついていかない。
    彼女が、俺を見ては目を逸らし、真っ赤な顔で視線をさまよわせているのを見ると
    不安に襲われる。
    それで、お前はなんと返したのだ?
    その表情は、一体何を考えているのだ?
    俺にはお前しかいない、考えたくないが、俺より奴を選んだとしたら
    別れを切り出そうとして、言えないのだとしたら?
    不安が胸を焦がす。
    何よりもまず、俺以外の人間の言葉で、
    心を乱されているハルを見ることさえも辛かった。
    目の前にいるのに、俺を見てはくれないのか。
    「ハル。」
    たまらず、呼びかけた。
    「真斗くん……。」
    頬を上気させて、うるんだ瞳で、俺を見つめて、俺の名を呼ぶ。
    それだけで、俺の心は、荒れ狂う海のように、波打って、堤防を激しく叩く。
    「……っ、大好きですっ!」
    耐え切れず、彼女に向けて伸ばした手が途中で止まった。
    ハル、今、なんと言った?
    俺が固まってしまったのを見て、ハルがあわあわと慌てる。
    その顔は更に赤くなっていて、熱を出してしまったのかと疑うほどだ。
    「その、改めて言葉にされると嬉しいものだなって思って、
     だから、私も、この気持ちを伝えたくて……
     いきなり、ごめんなさい、あの……」
    「俺も愛している。」
    「っ?!」
    するりと、想いが声になって零れた。
    それだけでは足りず、立ち上がって、彼女を想いのまま抱きしめた。
    「ハル、愛している。」
    「わ、私も……愛しています。」
    彼女の早い鼓動に耳を澄ませて、ほうと安堵の息を吐いた。

    ちゃんと話を聞けば、
    一十木の「大好き」は、俺や四ノ宮に向けられるものと同等のものだったらしい。
    それでもやはり面白くはないが、
    こんなに可愛いハルが見れたんだ、仕方ない、許してやる。
    【 2011/10/12 16:33 】

    | 迷子[うたプリ] | コメント(0) |
    <<りぴーとねたばれあるよ! | ホーム | 壊してしまえええ>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。