スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【 --/--/-- --:-- 】

    | スポンサー広告 |
    思い込みっていうか勘違いってい うか
    寝ぼけてるでしょうねー(´▽`)

    おはようございます。
    寝坊して、
    挙句、1時間勘違いをしていたために
    2限をさぼった奴です。

    \(^o^)/

    のんびりできました←

    日曜日に買ったブラウスを着ていますが
    これ可愛い!
    次のデートにも着て行こうv(`∀´v)
    次の予定は未定だから
    明日の夕飯で、約束を作れたらいいなって思ったりする。
    あ。
    17日、アイントさんと花火見に行きます。
    かき氷食べなきゃ!
    浴衣着るかなあ。うむむ。
    人が多いところでの浴衣は
    色々と不便ではあります。
    あと、着るのめんどい←着付けてくれるのは母だけども

    女の子は可愛いと思います。
    服装・姿かたち・動きが、可愛い。
    街をただ歩く様を見るだけでも
    私はすごく幸せになって
    書きたいなって思います。
    アイドルじゃあなくてもいいんです。
    ただ、女の子がいる、その一瞬を切り取った写真で
    きゅぅぅぅんってするんです。
    動いているとなお良し。
    私が「ラブプラス」を賛美するのは
    あの女の子の切り取り方が絶妙で
    まばたきひとつでも
    唇の動きでも
    女の子の可愛いを凝縮させたっていう
    あの仕事がイイいいいい!
    だから、何が言いたいかって
    女の子はその存在そのものがまず
    物語になるべきものであると
    私は思うんですよ。
    長編を作るのであれば
    そこに事件というか、
    ある程度の展開を投入しなければいけないって
    それは分かるんだけど
    でも私は、なくてもいいやって思うんですよ。
    女の子の切り取り方だけで
    上手に魅せることが出来るのであれば。
    女の子を、作り手のカメラを通して
    どれだけ魅力的に仕立てあげるかだと思うし
    そのカメラを受け手と共有出来るのなら
    それだけで作品になるはずだ。

    通称「芸プロ」と呼ばれる授業で
    前半後半とテーマを選択するのですが
    私はうっかり
    どちらも映画を取り上げる場所にいます。
    映画作品をそのまま取り上げるわけではないけど
    最後に映画館行ったのいつだ???
    私は長編映画を最後まで観れないタイプです。
    飽きちゃう。
    一度座ったらまあ最後まで観るけど
    そこまでして観なくてもよくないか?
    私にとって映画は、娯楽になりえない感じ。
    授業で観る映画は
    いいところだけを切り取ってるから
    で、それでいいやって思います。

    色々と、考えます。
    私って好きばかりが多いけれど
    好きじゃないものだってあるわけで
    ただ、それについては深く考えないようにしてました。
    私が首を横に振ったとしても
    誰かがうなずいたものであるなら
    わざわざ言わなくてもいいのかなって
    好きって気持ちは大切にするべきだと考えてるから
    他人から駄目だと言われるとやっぱり落ち込むし
    駄目だと言って水をさしたくないし。
    でも、今、
    なんで好きじゃないのかなって考えてみて
    それは、なんで好きなのかを考えるよりも
    ずっと簡単なのかもしれないなあと思いました。
    自分の書きたいものは
    つまりそれとは違う方向で
    好きじゃないってのは
    駄目だって言ってるわけではなくて。
    重なり合わなかっただけ。
    となると
    私の書くものはどうなんだろうって思ったりする。
    まだまだ力量不足なのはよくわかっていますが
    私の書いたものを好きという人が
    誰か一人でもいてくれたら
    それは、とても嬉しいこと。
    こんなにたくさんのものがあふれているのは
    それだけたくさんの人がいるから。
    いつか巡り合えたらいいな。
    そのために
    もっともっともーっと精進しなくちゃあいけないです。
    見せ方。
    切り取り方。
    文章で書くということは
    文章でみせるということ。

    私は
    頭に流れる映像を一度文章に変換して書くのだけど
    変換時に必ず、朗読が始まる。
    言葉の響きって大切。
    流れって大切。
    朗読って
    声ひとつで物語を表現するのだから
    その表現された文章が
    稚拙じゃあ、駄目だと思います。
    たどりつきたいのはここで
    すっごく遠くて
    これって
    シナリオと違くないか?
    とか、もう、頭がぱーん\(^o^)/
    ただとりあえず
    書き続けて行くよ。
    進化のきざしは見えるから
    劇的変化はないにしても
    じりじり進んでいきますよー。
    死ぬまでにたどりつければ、それで。

    話が当初予定していたよりも大きくなった!
    ええとええと
    私はただ
    女の子は可愛いと思うから
    いちおう私も女の子カテゴリに含まれるし
    可愛いと思うのであれば
    自分の行動だって使うよって言いたかっただけなんですけどね。
    もちろん脚色はするし
    私じゃなくて他の誰かがするっていうのが
    何より重要ですけどもっ!

    そうして私は
    花柄ブラウスに
    花柄のスカートを合わせている(^p^)
    【 2010/07/01 12:40 】

    | 未分類 | コメント(0) |
    <<この日傘は雨傘にもなってくれま すか?← | ホーム | 6月がおわるわけで>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。