スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【 --/--/-- --:-- 】

    | スポンサー広告 |
    伝覚
    心が頬を伝うから
    その唇で受け取って

    心が指を伝うなら
    私は何度だって
    あなたの存在(ばしょ)をなぞるわ

    言葉はいらないと知っていて
    それでも探すの
    心をそのままうつせる台詞
    そっくりな私をここに作って
    あなたにそのまま、押しつける

    ----------

    なんだこれ\(^o^)/

    私は、言葉がなくなると死んでしまうと思います。
    でも
    言葉に出来なくて、じたばたしてることも多くて
    言葉にしようとするから、もどかしくて
    でも
    言葉を声にして、
    空気を伝って届くことは
    好きなんですよね。
    空気が、笑う瞬間があって
    そうしたらもう、触れたくなる。
    触れるって、すごく特別なことだと思うんです。
    やっぱり、言葉はこれには勝てない。
    それでも私が言葉にする理由。
    ここにあったことを、今だけは永遠にしてしまって
    伝わらないから
    私は頭の中で音の、声の力を借りる。
    朗読が好きな理由。

    触れた時の
    安心感とか
    あったかさとか
    もどかしさとか
    嬉しかったり
    どこか恥ずかしかったり
    そこに、自分がいることの証明。
    私はそうやって場所をここに確立する。
    だから私は触れるのが好き。
    あなたもそこにいますよって
    私が存在価値になればいいなって
    ちょっとした勘違い。
    うん、
    同性の友人をべたべた触りまくる、
    その弁解(・∀・)きゃっ←

    いやいやいや、
    あのですね、
    リア充ですけども、
    1年とちょっと一緒にいますけど、
    触れるのには勇気と準備ときっかけが必要なんですよ(´▽`)
    大事に大事に。
    特別なんですもん。
    【 2010/06/23 08:54 】

    | 迷子 | コメント(0) |
    <<ぷろ | ホーム | 前を向くための自信を、覚悟と言 うのだと思う。>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。