スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【 --/--/-- --:-- 】

    | スポンサー広告 |
    字幕追うのでいっぱいいっぱいでしたorz
    『オセロ』を観てきました。
    ストーリーは知っていましたが
    観に行く前に脚本を読み流しておけばよかったなあ。
    シェイクスピアの脚本は
    比喩が多くて
    セリフがとても長いので
    結果、字幕きっつ(*3*)
    たぶん字幕追わない方が楽しめた。

    さすが4大悲劇のひとつと言いますか
    ああやっぱり、バッドエンド~(TдT)る~

    今回は、とある先生から
    「英の劇団の演出も観ておいでー」
    と薦められて観に行ったので
    脚本はいったん横においておいて…
    素人の、演出感想文。


    あ。
    上演の休憩中にウォークマン再生したら
    「RIP=RELEASE」で笑った(^o^)
    導入の照明のいれ方と布を使った演出。
    布はその後も繰り返し演出に使われていましたが
    布っていいよね。
    翻るその様子で風を、これからの展開を想起させてた…のかな?
    布は、音がいいし、自由さが魅力的だよなって思った。
    照明は、局所に赤。
    色を複雑に入れてない分だけ
    シンプルだけど演技に集中できました。
    暗転がほとんどなかったです。
    流れをきらないその演出は、私は好き。
    舞台は簡素。すっきりしてる。
    場面ごとに役者が台の配置を動かしてました。
    前にも書いたとおり、暗転はなかったため
    その動作をお客さんに見せる形になりましたが
    三一致の原則の要素、「場所」の移動を示すのには
    上手な使い方だったのではないかと思います。
    キャラクター(役者)が動かしていましたが
    それがあたかも演技であるかのような振る舞いも
    なんだか新鮮でした。
    字幕スクリーンが小さかった。
    演目を書く、名前わかんないけど、あの、めくってく、アレを
    意識したんですかね、舞台裾に置いてありました。
    それで、縦書き字幕。
    何行にもわたるセリフの字幕に対して
    多くても4行しか入らないスクリーンは
    不適切のような気もしますけど
    セリフを読ませるのでなく、あくまで演劇ですから
    その配慮??
    眼鏡をかけて見続けたので疲れました。
    絶対字幕読まない方が楽しめたー…
    というのも
    役者さんの話調子、リズムを楽しめないから。
    あの長いセリフは朗々と話されるから意味があるのであって
    中身は詩に近いものがあるので、解釈しようと考えると駄目だ。
    今回の劇で、特記したいというか私が気に入ったのは、音響。
    舞台袖での生演奏です。
    これも役者さん、その場面に登場しない人が代わる代わる、
    少ない人数でくるくると音楽と歌を入れていく
    それがすっごくよかったです。
    もちろん、絶えずかかっていたというわけではなく、
    でも照明の変化よりずっと多く使われてました。
    だから同じようなやりとりの繰り返しなのに
    展開ひとつひとつを印象づけて追っていけたかな。
    というか、歌がよかった。
    声がめっさいいんです、びっくりします。
    演技の声も、通っててよかったですが
    歌声がとても素敵でした。
    役者さんの演技は、自然。
    冒頭の、キプロス島遠征命じる人の声が私の好みでした。
    可愛いっっっ!!!
    何役も演じかえていらっしゃる方もいまして、
    私は途中まで気付けませんでした('Д')あんぐり
    前述の人はたぶん、エミリアをメインに演じてた。
    皆さん、演じる時の声のはり方がいい(>▽<)
    だから、いい声v

    その他で書き留めておくとすれば
    ロダリーゴが最後まで報われなくてせつなかったのと
    ロド公に心を奪われた(笑)
    剣抜いた瞬間とか、惚れる!思った(笑)

    おしまい。
    【 2010/05/29 21:50 】

    | 未分類 | コメント(0) |
    <<ソルシフォって、いい響き☆ | ホーム | 皆好きだよねえ>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。