スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【 --/--/-- --:-- 】

    | スポンサー広告 |
    「行動が雑になるね」
    と、言われました。
    言い得てる表現だと思って感動しました(笑

    更新報告です。
    「500円発車バス」の短編2編追加しております。
    うちひとつはブログログですが、
    もうひとつはモモちゃんの誕生日として、
    書き下ろしました。
    頑張りました。
    文体がくずれておりますが、
    二人のほのぼの雰囲気だけなら楽しめると思います。はい。
    昨日お伝えしたとおり、日記さんも更新してますので
    ぜひどうぞ☆
    リンク
    「500円発車バス」http://starlitwish.web.fc2.com/500/escape.html
    「日記(仮タイトル)」http://starlitwish.web.fc2.com/koi/

    追記で、あとがきというか、ネタばれ。
    あさのが買ってあげたのは
    りずりさのパンプスです。
    ものすっごい可愛くて、
    8千~9千円します。高いね!

    そして、ヒールがすごく高い。
    モモちゃん、歩けるのかな…。

    以下、入れようと思って、
    入れ損ねたというか、
    買ってあげた靴をそのまま履いて歩くというくだりを
    無意識に削ってたので←
    もし、そのまま履いてたとしたら。

    遅刻どうこうのやりとりにて。
    「そのヒールで、慌てられる方が怖いし。
     俺、待ってるの全然苦にならないから。」
    あ、でも、今度からまず連絡しようね。と付け加えて、
    彼は笑う。
    「そのヒール、履きこなせそう?大丈夫?」
    「…すごく心配するんだね。」
    「だって、モモちゃん、ドジだし。」
    「むう。じゃあ、低いの買えばよかったでしょ。(拗」
    「うーん、でもな。」
    そう言って、彼は体を少し折って、
    私の鼻の頭に口付けを落とした。
    「距離近くて、キスしやすいかなあと。」
    真っ赤になった私は、その言葉にさらに顔を赤くして、
    彼の背中をぺしぺしと叩いた。
    「ココ駅!ココ人多い!」
    「だから、鼻で我慢しました。」
    ぺろりと舌を出して、悪びれない彼に
    返す言葉が思いつかず、黙った。
    【 2010/04/02 22:59 】

    | 迷子 | コメント(0) |
    <<おととい | ホーム | 日が落ちると寒い>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。