スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【 --/--/-- --:-- 】

    | スポンサー広告 |
    だって彼女は夢見る女の子だから
    カレンダーを指でなぞる。
    手帳を開いて、ひとつ息を吐く。
    口元がゆるんでにやけて、
    手帳で顔を隠した。
    ベッドの横には、着る服をすでに用意済。
    新しく買ったワンピースをおろすので
    反応が楽しみ。気に入ってくれるだろうか。
    余程変な組み合わせをしていない限り
    彼はなんでも褒めてくれるのだけど。
    でも、何度だって、言われたい。
    「可愛いね。」って。

    髪に触れて、乾いたことを確認し
    手帳を枕元に置いて、布団にもぐりこんだ。
    ふかふか。
    いつもならバイト疲れですぐ眠ってしまうのだけど
    なんだか眠るのがもったいない。
    くすぐったい気持ちを抱きしめるように
    手を伸ばして、
    すぐそばのうさぎのぬいぐるみを布団に引きずり込んだ。
    「平日毎日会ってるのにね。」
    と、自分に言って、
    それでも嬉しくて、心がふよふよ浮遊するこの感じ。
    つまりは、
    ケーキワンホールが冷蔵庫の中に入っていて、
    それを楽しみに、腹八分目を心掛ける夕飯時。
    その進化系。

    明日はデートです。

    あさのの進学が決まったのは、昨日のこと。
    前期日程で落ちてしまって、
    それでも頑張って、後期で第一志望にすべりこんだ。
    春から同じ学校。
    うさぎを強く抱きしめたら、綿がゆるいこの子はくたりと折れた。
    ごめんね痛かったね…となでる。

    「誕生日もホワイトデーも無視しちゃってごめん!
     おわびに、明日は一日全部奢ります。」
    と、私が合格おめでとうを言う前に
    彼がそう言ったものだから、
    驚いて、
    嬉しくて、
    笑ってしまった。

    くすぐったい。

    ふわふわ。

    もちろん
    「全部奢り」が嬉しいわけじゃない。

    はっとして、
    うさぎに向かって
    「誤解されてないよね?!」
    と聞いてみた。
    赤い目がくるりと愛らしく、どこか自信ありげな顔のうさぎは
    「大丈夫に決まってるだろう。桃子は心配性だな。」
    なんて、そんな喋り方をしそう。

    タオル地ふかふかのお腹に顔をうずめて、
    楽しみな数時間後を想った。

    夢を見よう。
    たゆたう。
    もうすぐ会えるのに。
    なんだか、もどかしい。
    だから、お願い。
    夢の中でも会いにきてね。

    ----****----

    モモちゃん誕生日おめでとうSSの、冒頭。
    なんか、あさの視点で書くと
    目を覆いたくなるシーンばかりなので←
    モモちゃん視点で、可愛く、をモットーに
    いこうと思いますv
    まごまごしてる位がちょうどいいんだい!
    と、作者のエゴだなあ(苦笑)
    【 2010/03/29 18:13 】

    | 迷子 | コメント(0) |
    <<東京旅行記①-3/14 | ホーム | 鳥子>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。