FC2ブログ
スタライ3rd幕張感想(ネタバレあり、追記が長いです)
SilentOathで推しと目が合わない。
そういうところを最高に愛しています。
続きを読む
【2019/04/01 15:25 】
お気に入り | コメント(0)
ゲームディレクターってなんだろう(新卒期)
元々創作活動が好きで
ゲーム会社志望だった私。
福岡県出身でGFFの恩恵を最大限に受けまして
https://www.gff.jp/
大学の勉強とは別に、現場の空気を吸わせてもらったことは
とても有意義な時間だったと思っています。
※同じくらい、大学時代という時間を持て余すほどの自由と余白、
そこで作った人脈も私にとってとても価値があるものだったので
大学進学もしていてよかったなと思います。
(大卒じゃなかったら今の会社入社できなかったし)

シナリオライターあるいは
シナリオに関わるポジションを希望していましたが
未経験でそう簡単に事が運ぶはずがないともわかっていて…
最近になって思い返してみると、私の目標って
「こういうゲームが作りたい」というよりも
「ゲーム」というコンテンツに関わりたいって気持ちが大きいので
まずは入社して、その後はどんな仕事でも楽しくやろう!と
そんな気持ちで入社しました。

コンシューマ志望だったところが
携帯向けゲームに変わったところこそあれ
念願だった、ゲームに携わるお仕事ができると知って
新卒1年目の私のモチベーションと理想は
高すぎるほどに高かったのです。

指導者の先輩をはじめOJTのみなさまにも恵まれまして
本当に学びの多い1年だったと思います。
※余談がてら半年後研修時の記事も貼っときますね。
http://gurux2maigo.blog116.fc2.com/blog-entry-3095.html

そうして、ゲームディレクター見習い(アシスタント)から
お仕事を始めたわけです。

ゲームディレクターって、総監督のような立ち位置で
ゲームのクオリティに対する責任を背負う人、です。
もちろん見習いにそんな権限はありませんが…
与えられた業務を完遂するために、
協力してくれるチームメンバーの方へ宛てて
「自分はこうしたい」という意志を伝えるのが重要になってきます。

指導者の先輩の裁量もあり
「実践投入が早かった」と、当時の上長にそういわれた時には
「もっともっと早く役に立てるように頑張ろう!」と浮かれたものです。

が。まあ、速攻で壁にぶち当たりました。
そしてこれが、私が新卒のときに一番大きかった
気づきであり学びでもあるのですが。



「誰も私の話なんざ聞いてくれやしない!」



orz



今になって振り返ると
まあそれもそうか…って納得するんですけれども
(理由は後述します。)
当時の私、相当困って、相当凹んでいたようです。
日記見てるとまあ悲惨(笑)。
先輩はどうして、こんな怖い人たち
(同じチームで働く人たちなのに、当時は本気でそう思ってた)と
仲良くできるんだろう(((;ω;)))と考え始めたら
ちょうどそのとき、私を取り囲む先輩たちが軒並み
コミュ力の高い人たちだったんですよね。



「あ…やっぱり私、チームで仕事するの向いてない( ;∀;)」
「だって私、コミュ障だもん…」
続きを読む
【2019/03/10 20:07 】
課題 | コメント(0)
ゲームディレクターってなんだろう(序章)
まず、私のお仕事を明確にするところから。
さすがに社歴と経験を積んで、謙遜するのが
逆に失礼にあたるところまで来たと思うので
ちゃんと自分で名乗ります。
私、とあるスマホアプリのゲームディレクターをしています。

▼定義はリンク先参照してくださいまし。
ゲーム制作現場の花形、ゲームディレクターの担うべき役割とは?
https://mynavi-creator.jp/blog/article/the-role-of-game-director

このブログ読み返してみると
後輩がやっとできた!わーい!
ってところで止まってたんですけど(笑)
そんな私も新卒で入社してから
社会人7年目が終わろうとしていて
毎年入社…とはいかないけれど、後輩も増えました。

当社、毎年1年目の新入社員たちが
入社してからの学びについて発表する場があります。
ちょうど先週終わったばかりなんですけど。
OJTメンバーでもあったので
担当の子の振り返りに立ち会って。

きっかけは、上長のこんな一言。
「米舞さんが新卒の頃、どんな子だったのか知らないのよね~」

他部署から移ってきて数年の上司、社歴が長い分
私の同期の様子はよく知っている。

どんな新卒だったか…
なんかつねにいっぱいいっぱいであっぷあっぷしてて
一人で勝手にもがいて溺れてくような子でしたよ( ゚Д゚)

私、今の部署の企画職の新卒第一号でかつ
その後下の子たちが入ってくるまでにブランクもあったので…
私より社歴の長い先輩たちは私がへっぽこなことを
重々承知されているのですが( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)

後輩ちゃんたちから見ると、
「越えられない高すぎる壁」らしいです。

( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)

このブログ読んだら後輩ちゃんたち卒倒しそうだな…(笑)

脱線しましたが、上長のお話に戻ります。
「米舞さんの新卒1年目の頃のことが
下の子たちに伝わったら安心するんじゃない?」
とのこと。

そうでなくとも私のときの新卒成果発表、
入社3ヵ月での実施だったので
「1年の終わりの発表だったら私は何を発表したんだろう」と
一人でに考えていたときの話でした。

そうやって一年目のこと、
そのあと、今日に至るまでのことを考えるようになったのは
先の記事のとおり、今後の生き方を選ぶうえで必要不可欠で
かつ、私自身大きく変化した(成長した?)濃い期間だったから
なのかなあとも思います。

ちょうど節目のいいタイミングなので
発表資料を作るくらいの心持ちで、まとめてみようかな、と
思っています。
書きたいこといっぱいいっぱいあるんだけど
今日のうちに終わるといいな…!

ではでは。
3つの期間に分けて話をします。
・新卒期http://gurux2maigo.blog116.fc2.com/blog-entry-3242.html
・停滞期
・転換期
【2019/03/10 17:59 】
課題 | コメント(0)
ライフステージとキャリアプラン
そういえば結局私、
ここに結婚式の写真貼ってなかったなと
思い出した。

私、結婚式は地元と関東とで
二回行なっております。

▼地元では神社で式挙げたので色打掛を着ました。
s-IMG_4770.jpg

▼お色直しがウエディングドレス。
s-IMG_5223.jpg

▼こっちが関東のほう。
s-IMG_5973.jpg

で、何故突然こんなものを引っ張り出してきたか…とか
ものすごく久しぶりにブログにアクセスしたか…とか
(久しぶり過ぎてパスワード忘れてた)
まあ平たくいうと、ちょっと色々と考えることが多くて
私、文章にしないとまとめられない人間なので
そして久しぶりにログインするならばと、感想系のログも
一気に更新してきた次第です。
なんだかんだ社会人になってからの日記
全部読み返しただけで数時間経ってたよね…。
マメに書いてたなあ…(情緒不安定なところに若さを感じた)。

それでは本題。
うちの家族、親戚含め、かなり仲が良いんですね。
これは旦那さんからも証言もらったからハッキリ言う。
かつ、もう時効かなーと思うので書いちゃうと
中学のときに帰路で不審者に襲われたことがあるので
家とか帰る場所とか、拠点?みたいなものが
ないと安心できないっていう背景もありまして。

当時は「結婚したい」って気持ちよりは
「可愛くいられるうちにドレスを着たい」のほうが
大きかった気もするけれど(笑)
家族なく一人で生きていくって選択肢が
私にはそもそもなかったんですね。
上述の理由で男性への不信感とか恐怖心もあった中で
いまの旦那さんを好きになった時点で
私の恋心の中には
「ずっと私の『家』であってほしい」っていう
癒しや安心が含まれていたんだと思う。

▼過去記事でもそういうこと書いてたな。
http://gurux2maigo.blog116.fc2.com/blog-entry-3210.html

結婚して3年が経ちましたが
私にはあまりにもメリットが多くて
帰る場所があるってことで相当精神的に安定もしていて
体調は…まあ、これは後述するとして。
結婚という選択に後悔はなにひとつなく
選ばないはずがなかった…くらいの感覚でいます。

ただ、結婚するとどうしても
自分一人分の人生だけ背負えばよかった頃に比べて
『荷物』が増えました。

昨年10月。
仕事大好き、仕事優先な私は都内勤務ですが
旦那さんが群馬に転勤になりました。

もうね、めちゃくちゃ困りました!
仕事は最優先、だけど家族とか家庭は
選ぶまでもなく大切なものなので
そもそも同じ天秤に乗せたことがなかったんですが
選択をしなければならないんですよ。

最終的にどっちも捨てたくないってワガママを
旦那さんにも、会社にも聞いてもらって
別居することもなく、通勤1時間半暮らしをしています。
もちろん、残業できないし無茶きかないし
やりたいことを最大限にやれるかって言われたら
ちょっと厳しいかもしれない。
でもどうしても捨てられなかった。
中途半端にならないよう、努力するって決めました。

そうして、今度は体調を崩したわけです。

4月で私も30歳になります。
元々体力がなくて貧血持ちで
社会人前半から都度体調不良の記事が残ってた私は
この先身体を蔑ろにしてまで働く未来は見えなくて
じゃあ、そうしたときに
私って、ちゃんと私が望む将来にたどり着けるのかなって
漠然とした不安ばかりが募る。
どうしても焦る。

それでもあきらめたくないんだから
苦しくったって、考え抜くしかないんだろうな
と今は思っています。
幸いなことに、周りはみんな味方でいてくれているので
結局は私がどうしたいか、どうもがくか、なんだろうな。

とはいえ。
私、夏休みの宿題は
7月中に終わらせておきたいタイプなんですよ。
今回体調崩して
仕事1ヵ月も押しちゃったんですよ。
そのときの精神的ストレスが半端なかったのと
投げ出したいのに投げ出せない仕事が
あまりにも多すぎたので…
そのあたりが今後の課題かな…。

いったんこの記事はここまで。
この土日のうちに
あといくつか、記事投稿できたら~と思いつつ。
【2019/03/09 21:32 】
未分類 | コメント(0)
ダウト~セレブ学生編 1周年
恋愛編めちゃくちゃ…めちゃくちゃ楽しみにしてたんですよ…
ショックが大きすぎて立ち直れない…(´・ω・`)
続きを読む
【2019/03/09 18:32 】
迷子 | コメント(0)
| ホーム | 次ページ